10000チャレンジャー新年会2

10000チャレンジャーがここに誕生!! 第2回

先月の忘年会に続き「1万時間の法則」をテーマに新年会を開催しました。

新年会なのと友人の源内清芳さんが昨年末に会社を設立されたお祝いの会も兼ねていたこともあって、穏やかな雰囲気でスタートしました。
 10000チャレンジャー新年会4  10000チャレンジャー新年会5
 10000チャレンジャー新年会3  10000チャレンジャー新年会6

 会員証を兼ねたプロップス(いつものお面です)を各自で切り取ってもらったりとずっと和気藹々とした雰囲気でしたが(手で切り取れるようにミシン目は僕が入れています)、最後は 「三つの真実」・田坂広志について話をしました。

  • 人は、必ず死ぬ
  • 人生は、一回しかない
  • 人は、いつ死ぬか分からない

 意図したわけではありませんが開催日は阪神・淡路大震災の日。三つの真実という話題が出てくるのは必然だったのか?どうかはわかりませんが、この言葉を胸に刻むには相応しい日だったと思います。

ある分野で1万時間練習しようと思っても自分の意思の力だけではかなり難しいと思います。 でも一緒にチャレンジする仲間がいれば励みになるし、強制力にもなる。参加メンバーそれぞれが決めたコミットメントの達成を目指して、切磋琢磨しながらチャレンジする企画を温めています。 やりたいチャレンジ、テーマ・キーワードをそれぞれがシェアしました。

  • 10000個捨てる
  • 10000人のコミュニティ
  • 100歳×100人
  • 10000km
  • 10000回
  • 大会2連覇を目指す

 「1万時間の法則」がこの会のテーマなので、「1万時間」に絡めたチャレンジがベストなのかもしれません。

でも1万時間には相当な重みがありますが、例えばラーメンの食べ歩きを考えた場合、100杯というのは多いようなそうでもないような気がしますが、でもこれが1000杯になると・・・ 毎日1杯なら1年間365杯、2杯なら730杯。 いくらラーメンが好きでも1000杯食べ歩こうと思ったらいったい何年かかるんだろうというレベル。これが10000杯ともなると並みのラーメン好きにはチャレンジする気になれないような気がします。

だから10000杯を食べ歩いたともなると異常な数で最大級の尊敬の気持ちしか湧いてきません。 これはひとつの例えですが、時間に限らず10000という数字は達成することができれば10000時間に匹敵するくらい、むしろそれ以上の評価に値するのではないのかという結論に落ち着き、時間に限定せず10000に関連するコミットメントを掲げてチャレンジしようという会の方向性が明確になってきました(各自が掲げるコミットメントは参加メンバーが応援したいと思えるコミットメントにしようという条件があるので)。

ただし10000という数字にこだわる余りいつまでもはじめられないというのは本末転倒。 「人は、いつ死ぬか分からない」。この会の本質は自分がチャレンジするものを明確にして、達成に向けて同じような思いの仲間と切磋琢磨することなので、メンバーが納得できれば10000に関係なくても応援しようということで一致しました。

なんという余白の多い会なんでしょう。 「三つの真実」を突きつけられた僕らには細かなルールに縛られることで時間を無駄にすることはできないという思いが芽生えてきたということにしておきましょう(笑)。

さて、僕が当初イメージしていたのは、メンバーが”よーいどん”で一斉にコミットメント達成に向けてチャレンジするという企画でしたが、新年会から早2週間が過ぎようとしている時に自然発生的にいくつかスタートすることになったのでご紹介します。


新年会に参加してくれた  WanOneSmilistの北村知里さんが「10000個捨てるチャレンジ」をスタートされました!「10000」、「旅するように暮らしたい」この2つの言葉から今回のチャレンジを思いついたそうです。

10000個手放した先の世界が見たい
捨てる。 と言うことは、残すものを選び取ると、言うこと。
物と向き合い、手放し、その先に見える世界はどんな世界なのか
物から解放され旅するように暮らしているのか
はたまた、悟りを開いているのか?

僕なんかそもそも家の中に10000個も物があるのかなぁと思ってしまいますが、グルグルグルと赤いカウンターが一周したら10000個達成!その時にどんな世界が待っているのか僕もめちゃくちゃ楽しみです。

手放した物と理由をインスタグラムで随時公開されるそうです。こちらが記念すべき1回目の投稿。

 


お2人目の10000チャレンジャーは源内清芳さんです。スタートされるのは「ツイッターで10000回つぶやいてフォロワー10000人を目指す!チャレンジ」。もし1年間で達成しようと思ったら1日平均30回つぶやかないと達成できないレベル。ということは常時更新されていることでしょう(^^♪       

進捗状況はもちろんツイッターで。こちらがチャレンジ宣言のつぶやき。アカウントも「tweet/10000回チャレンジャー」に変更されてのチャレンジです!


はい、そしてこれは僕が新年、1月2日からスタートしたチャレンジです。
泡盛ダンス部 ☆ 大阪 盛り泡ろうや!プロジェクト泡盛ダンス部 ☆ 大阪 盛り泡ろうや!プロジェクト きいやま商店が歌う泡盛の応援ソング「盛り泡ろう!」を大阪の観光スポット・大阪を象徴する名所で踊って、大阪からも泡盛を盛り上げよう!というプロジェクトです。 踊りっぱなしじゃもったいないのて、撮影した動画をYouTubeにアップして泡盛を楽しんでいる様子を全国に発信します。そして・・・

10,000回再生を目指します!

というように10000を再生回数に絡めてみました(^^)

他にも昨年から継続中のチャレンジもあります。
目指せ!10,000あわもり!!プロジェクト

目指せ!10,000あわもり!!プロジェクト プロップスで「あわもり」の文字を拡散させたい! プロップスで飲み会をもっと面白く! 一緒に写真を撮って全国の泡盛ファンをつなげたい! そんな思いから泡盛でカリー!プロップスを楽しんでいるみなさんの写真を集めるプロジェクトを進行中。プロップス1枚を1あわもりとカウントして10,000あわもりを目指しています。


10000チャレンジャー新年会2 Tさんが忘年会で差し上げたプロップスを厚紙で補強して、さらに手で持たなくても良いように輪ゴムを付けてカスタムしてきてくれました。プロップスを手で持っていない方がTさんです。まだチャレンジ宣言はされていませんがおそらく近々チャレンジされる気持ちの現れだろうと思っているのですごく嬉しかったです。皆さんお越しいただきありがとうございました。


新年会をきっかけに10000チャレンジに挑戦される方が2人も誕生したので、今回はスタートされた方に約1ヶ月の進捗状況の報告、やってみての感想をシェアしてもらいます。チャレンジ達成を目指して参加メンバー同士が切磋琢磨するというコンセプトなので、厳しい意見が交わされそうですね(汗)。

チャレンジしてみたいテーマをお持ちの方やスタートを迷っている方の参加も大歓迎です。10000チャレンジャーへ率直な叱咤激励をいただけると嬉しいです。またチャレンジしたいテーマがある方はチャレンジを形にするためのヒントが手に入るはずです。

とはいってもお酒を飲みながらの堅すぎない交流会です。「1万時間の法則」をベースにしたブランディングに興味がある方!ピンと来た方のご参加をお待ちしています!

10000チャレンジャー会議 vol.3
平成30年2月21日(水)19時~
会場:司法書士・行政書士いとう事務所(大阪市中央区高麗橋1-5-14-205)
参加費:3,000円(お弁当とお酒・ソフトドリンクを準備します)

1万時間チャレンジャー忘年会9
これが課題図書です

1万時間チャレンジャー忘年会2
vol.1参加者のみなさん