ごあいさつ・伊藤薫プロフィール

代表ごあいさつ

仕事を通じ、相続で家族が揉めてしまう悲惨なケースを目の当たりにして、遺言書があればもめ事を回避できるケースや、逆に下手な遺言書がもめ事の火種になることを実感しました。

相続というと「遺産をどう分けるか」が注目されがちですが、実際には「遺言書はどう書けばいいのか?」、「相続税はいくらかかるのか?」、「土地を分けるのにお隣さんとの境界はどう確認するのか?」など、幅広い専門知識を必要とする事案が多いため、税理士、弁護士、土地家屋調査士といった各分野の専門家と連携したチーム「大阪の相続あんしんナビ」を立ち上げ、活動しています。

大切な方が亡くなるという状況において、相続が原因でご家族が揉めてしまうのは悲しすぎます。亡くなった方のご家族への想いが、「笑顔」と共に受け継げるような相続をお手伝いできればと思っています。

司法書士・行政書士いとう事務所

代表 伊藤 薫

プロフィール

伊藤 薫(いとう かおる)

司法書士・行政書士
エンディングノート・マイスター
沖縄県知事認証泡盛マイスター(認証第403号)※泡盛版ソムリエです

1974年、山形県生まれ。宇都宮大学大学院卒業後、総合建設コンサルタント会社に勤務し、鉄道の新駅、新路線をはじめ、LRT、カーシェアリングといった新しい交通システムの計画・調査業務に6年間従事。2005年に退職し、未経験ながら2度目の挑戦で司法書士試験合格。

現在、大阪市内で相続・遺言業務に特化した司法書士・行政書士事務所を運営し、1,000件以上の相続問題に対して提案・サポートを行う。相続問題は多岐にわたることから、弁護士、税理士といった相続分野に精通した専門家のグループ「大阪の相続あんしんナビ」を立ち上げ円満な相続のため活動中。

2014年に郵便局版エンディングノートである『郵便局のマイライフノート』の作成協力、監修を行う。相続で家族が困らないためことに特化したオリジナルエンディングノート「相続あんしんナビノート」を作成。

またエンディングノートに携わる中で、もしもの時に備えるだけにとどまらないエンディングノートの活用策に気づく。エンディングを見つめて人生プランを立てることで「これからの生き方が変わる」ことを、セミナーと「いとう式エンディングノート」を使い広めている。
泡盛マイスターとして活動する中で酒販免許を取得しオリジナル泡盛を造り泡盛の普及を行うなど、自らも後悔のない人生を送るためにエンディングノートを活用し実践している。

◇エンディングノートセミナーのご依頼はこちらのお問合せページからお願いします。

講師実績

  • (一社)大阪市旭区医師会
  • 阪急百貨店、阪神百貨店、京阪百貨店、近畿日本ツーリスト
  • よみうり文化センター、JEUGIAカルチャーセンター
  • 大阪市東住吉区、大阪市東部地区郵便局長会、奈良県 中小企業家同友会
  • (一社)日本パーソナルブランド協会 他

旭区医師会主催のシニアのお片づけ講座

阪急うめだ本店

メディア掲載

  • 「エンディングノート式目標設定の技術」日経ビジネスアソシエ2016年12月号
代表 伊藤 薫(いとう かおる)
経歴 昭和49年 山形県米沢市に生まれる
平成5年 山形県立米沢興譲館高等学校卒業
平成11年 宇都宮大学大学院工学研究科修了
平成17年 建設関係の会社に6年勤務したのち、司法書士を目指し退社
平成19年 司法書士試験合格
平成22年 司法書士事務所に3年間勤務した後、事務所開設
座右の銘 なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり
尊敬する人 上杉 鷹山
もうひとつの顔 平成24年に泡盛版ソムリエの資格、泡盛マイスター(第403号)を取得
第7回 全日本泡盛マイスター技能競技大会 準優勝
(沖縄及び北方対策担当大臣賞)
泡盛の世界遺産登録を目指して大阪から泡盛を盛り上げていこうと泡盛のきき酒会
・テイスティング勉強会を開催中。ホームページを中心に飲むだけじゃない、泡盛を”丸ごと”楽しむコツを発信しています。