コクヨのエンディングノートを相続専門司法書士が書いてみた。書き方のポイントはこちら!

私、相続専門司法書士の伊藤 薫が実際にコクヨのエンディングノートを書いたレポートです(2012年)

1冊のエンディングノートを最初から最後まで2ヶ月半かけて書いていく中で、

  • 書き方のポイント
  • 感じた気持ち
  • 相続の専門家からみて注意しておくべき点
  • エンディングノートにまつわるエピソード etc

を綴ったものです。

 

仕事柄、遺言やエンディングノートの大切さは日々感じています。

ただ遺言はともかく、自分にはエンディングノートはまだ早いかなというのが正直な気持ちでした。

それなりに書いてみたことはありましたが、忙しさを言い訳にして自分ではちゃんと準備していませんでした。

 

遺言も同じですが、エンディングノートを準備するのに年齢って関係ないんですよね。

それこそ、延命治療や臓器提供をどうするか?なんて元気な時じゃないとちゃんと向き合えないことも多いです。

家族にとっては非常に難しい判断を迫られるので、遺言よりもエンディングノートが必要なことが実際は多いような気がします。

 

今年はそんなことを実感する出来事が多かったので、腰を据えてエンディングノートを書いてみました。

それに、エンディングノートは大事です!といくら言っても、自分が心から大事だと思わなければ、伝えたい相手には伝わらないと思います。何事も本気で伝えようとしなければ伝わりませんよね。

 

相続の専門家という以前にこれから人生の折り返し地点を迎える一人としてエンディングノートを書きながら感じた気持ちを率直に紹介していきます。

エンディングノートはコクヨのこちらを使います。「もしもの時に役立つノート」 B5 LES-E101

目次はこうなっています。
コクヨエンディングノート目次
<コクヨのエンディングノートの目次>

まずは住所、生年月日などの自分の基本情報から。
この辺は楽勝でしょう(^^)

◇自分のこと

◇資産

◇気になること

◇家族・親族

◇友人・知人

◇医療・介護

◇葬儀・お墓

◇相続・遺言

◇その他

関連記事:過去を振り返ろう。僕のお母さんは?
関連記事:古いアルバムを見ながら書くのが面白い。
関連記事:早めに相続手続きをしておかないといけないのはこんな場合
関連記事:食べ物の好みを書いておいた方がいい理由

◇エンディングノートセミナーのご依頼は◇

こちらのお問合せページからお願いします。

参考記事:終活だけじゃもったいない!エンディングノート超活用術
参考記事:中学生でもわかる争わなくてすむ相続のはなし
参考記事:最幸の人生の見つけ方×エンディングノート超活用術


2ヶ月に1度、郵便局でワンストップ相続無料相談会を開催しています

40年ぶりの相続法の改正が控えています。わかったつもりになっている相続の知識の確認も兼ねて相続で気になることがあればお気軽にお申込みください。

詳しくは↓こちらから。
郵便局で相続無料相談会開催中

大阪の相続あんしんナビのメンバー
大阪の相続あんしんナビのメンバー
東成玉津郵便局
東成玉津郵便局