エンディングノートの書き方のポイント ペットも家族の一員、もしものときは誰にお願いするの?

私、相続専門司法書士の伊藤 薫が実際にコクヨのエンディングノートを書いたレポートです(2012年)

気になることを書いた後は家族・親族編。
今回は家族一覧についてです。

さあ行ってみましょう!

 

家族一覧のページには

  1. 家族の携帯の番号
  2. メールアドレス
  3. 勤務先の情報 等

を書いておきます。

家族ってどこまで書くんでしょうね?

自分の価値観で判断してもいいんでしょうけど、住所を書く欄がそれぞれにあるので同居かどうかは問わないみたいです。

 

子供の頃、うちは両親、妹、祖父母そして曾祖母の7人家族でした。

僕の地元は三世代同居率が日本一の山形県(約25%、全国平均約9% 2005年)とはいえ、舅、姑さらに姑の母(正式な言い方って?)が同居する家で暮らす僕の母は大変な毎日だったんでしょうね。

 

僕はサザエさんちと同じ7人家族と無邪気に喜んでいましたが。

 

このエンディングノートには家族6人分までしか欄がないので7人だと書ききれませんが、最近では6人家族でもかなり珍しいんでしょうね(平均世帯人員は約2.6人 2010年)。

 

コクヨのエンディングノートにはペットに関する情報を書くページ(p30)があります。

ペットの数は今では子供の数よりも多いそうなのでペットのページはこの家族のページにあってもいいかもしれませんね。

+++追記+++(2018.12)

ちなみにペットを書く欄は2つです。

僕と一緒に10000チャレンジ中の北村 知里さんはポメラニアンを4匹買っているんですよね。

我が家の愛犬達名前だけが先に決まってました

北村さんは欄が2つじゃ足りないよな~。なんてことを思ってしまいました。

足りないのはコピーして増やせばいいとして、もしものときにペットの世話を誰にお願いするのか?

エンディングノートに書いておくだけじゃなく事前にお願いしておかないとダメですよね。

 

もしものときあなたやペットがどうなるのか?

考えるきっかけにして欲しくてまとめてみました。現状を把握するためにぜひ一度トライしてみてください。

 

もしものときは自分が病気になったときもそうですが地震や台風など自然災害のときのことも頭に入れておかないといけないですよね。

北村さんは愛犬の為の防災準備セミナーもされています。ペットを飼っている方は北村さんのブログをぜひ参考にしてみてください!

 


2ヶ月に1度、郵便局でワンストップ相続無料相談会を開催しています

40年ぶりの相続法の改正が控えています。わかったつもりになっている相続の知識の確認も兼ねて相続で気になることがあればお気軽にお申込みください。

詳しくは↓こちらから。
郵便局で相続無料相談会開催中

大阪の相続あんしんナビのメンバー
大阪の相続あんしんナビのメンバー
東成玉津郵便局
東成玉津郵便局