本の紹介 「それでも僕は夢を見る」

立ち読みで全部読みきったのに買ってしまったこちらの本。
鉄拳×水野敬也の「それでも僕は夢を見る(文響社)」。

それでも僕は夢を見る
あまり書くと内容がわかってしまいそうなので、あっさりと。

こういうのをあざといと思う人もいるでしょうが、読み終えて私は心を揺さぶられました。
同じ状況なら自分は何を書くのか?考えさせられる1冊でした。

それと、これってある意味、エンディングノートだよねと思いました。