「希望」が「押し付け」にならないように

特別養護老人ホーム、老人保健施設、軽費老人ホーム・・・、介護施設は名前を聞いただけではどこが違うのか分かりにくいですね。

要介護度に応じて入所できるところがあれば、要介護度に関係なく入所できるところも。それから、介護保険の適用があるところ、ないところもあって様々。

介護施設以外には有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅もあるので、高齢になった時、介護が必要になった時、いろいろあってどこで生活したいか自分の希望を決めることさえも難しい問題かもしれませんね。

エンディングノートの中には、介護を受けたい場所として、具体的に施設・病院の名前まで書いておくことができるものや具体的にこの施設でというところまでは書かないまでも希望する施設の種類までは書いておくことができるものもあります。

単に「施設で」、「病院で」という希望以上に、より具体的な希望を書いておくにはある程度の予備知識がないと適切に選択することはできないかもしれません。

以前、特別養護老人ホームの入居待ちが増えているという記事を書きましたが、特別養護老人ホームに入れる条件は、2015年の4月からは現在の「要介護度1以上」から「要介護度3以上」に変更されるようです。

法改正まで予測して選ぶなんてことは到底不可能です。ということは、具体的な施設名や施設の種類を安易に書いてしまうと、希望を叶えてあげることができなかったと家族が悔やむことがあるかもしれません。

また、具体的に希望を書くなら入所するのにかかる費用を調べておく、さらにはその費用を備えておくことも必要になりますよね。 もしもの時に自分の希望が家族への押し付けにならないように気をつけたいものですね。