エンディングノートを活用しませんか?

エンディングノートとは、自分の経歴や思い出、もしものときに連絡して欲しい友人の連絡先、葬儀や墓の希望、尊厳死や延命治療に関する自分の考えなどをまとめたノートのことです。

さまざまなエンディングノートが市販されています。 エンディングノートに相続に関することを記載しても、法律上の効力はありませんが、遺言書に盛り込めない思いや情報をご家族に伝えることに役立てませんか。

例えば、「家族葬にしてほしい」「墓は質素なものでいい」「延命治療はしないでほしい」などの意思を明記しておくことで、残された家族や親族の間で無用なトラブルを避けることができるのではないでしょうか。