タイムキーパーから学んだ残り時間の使い方

昨年は「セミナーコンテスト」というイベントでタイムキーパーを担当しました。

ご存じない方のために・・・セミナーコンテスト(通称セミコン)とは、7名の出場者が自らの体験をもとにオリジナルセミナーを作り、1人10分で発表、順位を競うイベントです。詳細はこちら

挑戦者全員に平等に与えられているのが10分という持ち時間で、5分前、1分前、終了の3回のタイミングで挑戦者に残り時間をカードで知らせるのがタイムキーパーの役割です。

タイムキーパー
私もセミコンに挑戦したので分かりますが、タイムキーパーが知らせる残り時間は重要なので、出し忘れや出し間違いといったミスが許されません。ミスなくできて当然なのがタイムキーパーのお仕事なんです。

タイムキーパーの大変さアピールはこの辺にして、本番の10分間の使い方を拝見していると実に様々。

「時間を2分以上残して終わる方」
「余裕を持って1分前に終わる方」
「こちらがドキドキしてしまうぐらいギリギリに終わる方」
「残念ながらタイムオーバーしてしまう方」

練習と本番の時間の流れは全く違うように感じるので「何度繰り返しても練習では10分に収まらなかったのに本番では9分45秒ぐらいでいい感じに終わった」とか、「練習では8分台だったのに本番ではギリギリ10分近く使ってしまった」という方も多いと思います。

言い換えると、何度と練習を繰り返しても練習どおりの時間の使い方ができた方は少ないのではないでしょうか。

セミナーコンテストには、地方大会を勝ち抜いた7名の方が戦う最後の決戦の場、グランプリ大会があるのですが、ここまで勝ち上がる方の時間の使い方には感心させられました。使った時間は9分から9分59秒まで、7名全員が残り時間をきっちり1分以内に収めてこられていました。

中でも優勝されたSさんと懇親会でお話した時に「残り45秒くらいでしたか?」と聞かれ、ぴったりすぎて驚きましたが優勝される方は練習を繰り返すうちに今回は何分ぐらいかということが体感できるくらいになるのでしょうね。改めてグランプリのレベルの違いというものを思い知らされました。

最初から分かっている10分間、平等に与えられている10分間の使い方でもそれぞれ違いが出るわけで、まして残り時間が分からなければ、最後まで有効に使うことができる人は少ないのでしょうね。

当然ですがこれはセミコンに限った話ではなくて人生も同じ。残り時間というものを意識すること、そして与えられた時間をどう使うかが悔いなく人生を過ごす上で重要だということを改めて感じました。

グランプリで優勝できる・できないにしても、準備や本番での時間の使い方、それこそ最後の最後まで時間をどう使って準備をしてきたのかが結果を左右していることは想像に難くないですよね。

私はセミナーを通して、エンディングノートを書くことで人生の残り時間を意識すること、自分の残り時間を知ることで覚悟を決めること、エンディングを見つめて人生プランを立てることで「これからの生き方が変わる」ことを伝えています。

私がタイムキーパーを担当することになった時は「なんで?」と思いましたが、終わってみれば多くの方の10分間の使い方を間近で拝見して、私にとってとても興味深い経験をさせていただくことができました。